2012年10月06日

20年

久しぶりのブログです。
今、10月6日の午後7時40分
自宅の自分の部屋で少しリラックス中。

相変わらず忙しいけど、前にくらべてずっと心は軽い。
それは、多分いくつかのことを止めたから。

そうすることで出来た時間で
大切な人と過ごすようになったから。

家族だったり、スタッフだったり。
趣味のあう友だちだったり。

何も満足しているわけではないけど、
こんな毎日っていいなと思う。


先週、県立大学の2回生の女子4人がインターンシップで、
僕らの会社にやってきた。

迎え入れる数日まえ、
マネージャの清原さんと、カリキュラムの確認をしていたとき、
ふと、20年前の僕らを受け入れるつもりで迎えよう・・と言った。

自分でも思いがけず出た言葉に、驚いた。
僕らは39歳と38歳、

数日後に来る、彼女たちの今は、僕らからは遥か20年前・・・

時の流れの早さは、25を過ぎ、30を過ぎますます感じてはいたけれど
これほど強烈に、胸に刺さるような感覚はなかった。

もう、20年も過ぎたんだ。


お互い「早っ!」

同時にいったぼくらは、学生の時どんなふうに過ごしたか、
どんな夢をもっていたかを話あった。


清原さんは、誰かを幸せにしたくて、20年前カウンセラーをめざしてた。
でもカウンセラーより、もっとたくさんの人を幸せにしたくて、音楽を選んだ。
その道はまだ半ばだけど、今、この家事サービスの仕事を通じて、
幸せな暮らしのシーンをサポートしていたり、
ひまわり来て会長から学んだこと、仕事をつうじて実践したことを活かした
コーチングの講師をすることで、目的だった“誰かを幸せにする”は実現されてきていると言った。


僕は、人がその人の一番いいところを活かして生きていく。
漠然と、でもずっと根底にはそれがあっていままで生きてきた。

いいところがいっぱいある生徒が、成績の指標だけで
評価されなかったり、それが原因でいいところまで消えていったりするのを
大きな進学塾の、競争科目からすこし外れた国語講師の立場からずっと感じていた。
そんな学生時代の塾講師の経験が原因かもしれない。

これまでの仕事でも、人がいきいき働く、活かされる、
その場所に、必要とする人につなぐって思いがあった。

今、家事サービスは、まさに、スタッフのいいところを見つけて、
それを必要と思ってくれるお客様につなぐ。

そのために、その人のいいところをのばし、良さを消してしまうような部分があればそれは
一緒に改善する努力をする。

ずっとしたかった
人がその人の一番いいところを活かして生きていく・・・に近づいている気がする。


二人とも仕事ややってきたことは、はいろいろ変わっても、
心が目指すところへは、気づけば進んできた。

なにか、どこにいても、同じ方向を指すコンパスのような・・
そんな心のコンパスを誰もが持ってるんじゃないかな。


今いる場所が悪いとか、いいとか自分に向くとか、向かないとかではなく、

与えられたその場所で、自分の心のコンパスの向く方へ、
目の前のことを全力で、精一杯していくことで、絶対に進んでいく。

清原さんと僕は、20年まえの自分に、知らせておきたかったこと。
それをインターンシップで伝えようと話してた。


僕たちの思いは、届いたようで
ノートに書かれた嬉しいメッセージが届いた。

その内容はまた次回。

インターンシップから1週間。
今日60歳の自分を想像してみた。

多分20年前を振り返ったとき、
今19歳のときをついこの間のように感じるように、
あっというまだったと感じるんだろう。

今を精一杯生きよう。

































posted by りきごん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

Sparks!

数時間まえまで、神戸元町大学のSparks!というイベントに参加してました。

子供の可能性を引き出す探求型教育。

障害のラインを引き下げる障害者雇用。

生き方としてのオーガニック。

素晴しい事業をされる3名の経営者と、それをつなぐ企業家やサポーターの皆さん。

日本をもっと良くしたい!神戸をもっと!

すごく共感です。

僕の胸にもSparkしました。

posted by りきごん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

決意。

こんばんは。

7月5日の夜中です。

また久しぶりのブログです。

前回のブログ、自分自身が驚きです。

3日どころか、1日で終わってます。


スタッフの三原さんからも、チクリと言われてましたが・・・

本当にお恥ずかし、すみません。


もう宣言するのは、やめます。

ただ、今日、絶対に決めたことがあるのでそれだけは、

ここに書き残します。



僕らの会社ひまわりサービスは、1999年に創業しました。

働く女性のサポートを目的に、

お客様の立場にたったサービスの提供。

誠実であること。

よろこんで働かせていただくこと。

この3つを理念に、母、村山順子がスタートしました。


2009年、僕が社長になったとき、

スタッフの皆が僕にしてくれたのは、プレゼント。

『魔法の本』というプレゼントでした。


『りきさん、今の気分はどうですか?』ではじまるその手書きの本は

今のスタッフや、辞めた昔のスタッフ、僕の家族や、遠くに住む、兄弟たち、

友達からの手書きメッセージが溢れていて、

みんなにまだなにもしてないのに僕は最高に幸せな社長にしてもらいました。



そのとき決めたのが「みんなをよくする!みんなでよくなる!」

難しいことではなく、ただシンプルに、

みんなをもっと良くしたい!みんなでもっとよくなりたい!

そんな思いを言葉にしました。


この1年で、その“みんな”のさす、みんなが、広がってきました。

そして、今日、テレビ「カンブリア宮殿」にでたベアーズ

高橋夫妻をみて、

僕のなかの“みんな”は、当社スタッフ26人とその家族、お客様だけではなく、

その何十倍、何百倍にも広がりました。


今、僕に力をくれるのは、父と母の子であること、

最高の妻とかわいい子供たち。

そして共に進んでいってくれる社員、スタッフのみんな。



社会を変える仕事へ。

社会をよくする会社へ。

そこだけにむいて進みます!



posted by りきごん at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

瞬時の反応

こんばんは!りきごんです。

今日、僕がよく侵す間違いについて指摘されました。

「甘い!甘すぎる!人を図にのせる!」

自分でいうのも何ですが、僕は非常にユルい人間です。

あまり人を怒らないというか、叱ら(れ)ない人です。

これは、人を育てない、育てないどころかだめにすることになる..と。

自分も出来てないから言えない、ではなく、自分も出来てないから一緒に直そうよ。と

躊躇なく言える自分になろうと思います。



そして𠮟るなら、指摘するなら、そのとき、その瞬間に!

しまった、あのとき、ちゃんと言えばよかったということがあとから気づくことが多いです。

この2つの原因も指摘されました。

「常に意識していない、常に真剣に向かい合っていれば瞬時に言葉はでる!」と。

今この目の前にことに全力で、真剣に向かい合い、厳しい自分になろうと思います。

自分に厳しく、仕事に厳しく!スタッフの心構えに厳しく!

必ずなります!!











posted by りきごん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

研修。

こんばんは。

毎日書かないと、出だしが難しいです・・^^



今日は、他社の社員さんを迎えての研修4日目。

している研修は、家事サービスの創業サポートの一環です。


ずっと思ってた、ひまわりの種を広げる活動。

四日目が終わり、今日確信しました。

ぼくらが広げたいと思っていたのは、家事サービスじゃなくて

僕らひまわりのような会社を増やすこと。


みんなが笑顔で働く会社。

みんなを良くする、みんなで良くなる!を実践する会社。


あと8日間、研修は続きます。

次回は来週。

楽しみです。



posted by りきごん at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

たくさんのよろこび

今、12時をまわりました。

毎日嬉しいことが続きます。

すこしだけ書いてみます。


昨日、母と家族と父方の祖母の実家の永代供養にいきました。

神戸市内の街中にある大きな綺麗なお寺。

立派な佇まい、綺麗な本堂。

600年前に建てられ、何度も焼け、

何度も再建されたそのお寺の住職は40歳。

若く、爽やかで暖かみのある方でした。

その住職がお参りの前の話で、

自分から始まる子孫という三角のピラミッドがあるように、

自分の上にも同じように親、祖父、祖母、その親と続く、大きな逆三角形があり

誰一人がかけても、あなたは存在しなかった。。。ということ言われました。


多分38年の僕の人生のなか、何度も聴いたかもしれない言葉ですが、

昨日は、その言葉が胸にすーっと入ってきました。


自分が今いること、

父と母の子供として生まれたこと

父方、母方の祖父祖母の孫として育てられたこと

2人の個性的な弟と、凛とした妹の兄として暮らしてきたこと

鬼コーチのような妻に出会い、3人のかわいい子供たちの父になれたこと。

大切な会社の仲間たちに出会え、共に働けること。

視野を広げてくれ、たくさんの経験をさせてくれる大切な人に出会えたこと。


生きていること、生んでくれたこと、

多きな逆三角形のみんなが命をつないでくれたことに、

深い感謝の思いが湧いてきました。


すごく幸せです。



そんな気もちで、過ごした今日。

本当にたくさんの嬉しいがあったけど、

今日はこれぐらいにします。

また明日が楽しみです。

おやすみなさい

posted by りきごん at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

おこってしまった。

皆さん、こんばんは。
今日、僕は怒ってしまいました。
それはスタッフに、というより自分にかもしれません。

来月50歳以上の年齢の方を対象とした、整理収納セミナーを行います。
講師スタッフがそのセミナーで、フレディの遺言(湘南長寿園病院の院長であられるフレディ松川先生の著書)を
読みたいというのです。




私がまさかボケることはないと
思われるかもしれませんが、
先のことは私にも分かりません。

万一のときのために、家族や、
私の介護にあたってくださる人へ、
次のようなことを
今からお願いしておきたいと思います。

私が医者だったことを、まず忘れてください。
私は過去とは別の人間になってしまったのです。
「しっかりして!」と大きな声で怒鳴られても、
ただ恐ろしいのでおびえるだけです。
ですから、私に何か言いたいことがあれば、
笑顔で優しく、簡単に話してくださいね。

きっと私は変なことを言うと思います。
例えば「蛇がいる」と言ったら、
「じゃあ、追い払いましょうね」と
私の要求をまず受け入れてください。

「ごはん、まだか」と言ったら
「お腹が空いたのね」と
優しくクッキー一枚くれれば満足です。

それから私は何をやっても
すぐ忘れる病気の人だと思ってください。

もちろん、目の前の人が
誰なのかもわかりません。

ただ、あなたが私の目をしっかりと見て、
優しい声で話しかけてくれたら、
きっとあなたが大好きになります。
ほかの人が言うことを嫌がっても、
あなたなら聞こうとします。
笑顔が好きだからです。

私の頭の中はモヤーッとしています。
だから、とても不安でいっぱいなのです。
夜は正直、何かが出てきそうで、
とても怖いのです。

そのために、騒ぐときがあるかもしれません。
そんなときでもしからないで、
優しく肩を抱いてください。

私の心が寂しいとき、
私が若いころに
大好きだった曲を聞かせてください。
どんなに知性が破壊されていても、
その分、感性だけは豊かなのですから。

私はこうしたことを
ごく自然にしてくれる
心優しい人に囲まれて、
余生を過ごしたいと願っています。





この詩は、痴呆症になった自分をどうあつかって欲しいか、
こどもに望みを書き残したもので、胸にぐっとくるものではあるのですが、
もし、親にそんな思いをさせるのは嫌だし、痴呆になったあとに
そんなメッセージを見つけても、元気なうちに直接いってくれれば。。と後悔するだろうと思う。

親にはいつも元気でいて、もし詩のようなことを思うならそれを元気なうちからちゃんといって欲しい。
そして大丈夫、まかせて!と安心させたい。


講師スタッフの彼女は、
自分の思いを代弁してくれているこの詩をよみたいと言いました。
その理由は、自分も言いたくてもいえないことがあってそれを代弁してくれているから。


ぼくは絶対反対でした。
かなり厳しい口調で反対しました。
反対の理由は、ひまわりらしくない・・でしたが今、おちついて思うのは、
そのスタッフが子供に思いを伝えられていない状況・・
これが嫌でした。

ぼくらひまわりサービスは幸せな暮らしをつくることを目標にしています。
なのに、そのスタッフ自身が、自分の思いを子供に伝えられない。
それは幸せじゃないんじゃないか?

僕は、まず近くにいるひとから幸せでいて欲しい。
おせっかいかもしれないけど。






















posted by りきごん at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

世の中の変化

読んでくれている皆さん、こんばんは。


最近フェイスブックをやりだしました。


まえは、してる人みて、よくこんな時間あるなあ。。と思っていましたが、

確かに、楽しいし、いろんな使い方できるの分かります。

人と人とのつながりも分かって、え?なんで知り合い?とか。

あのときあそこにいたんだ。。とか。


プライバシーはかなりなくなるけど、ある意味裏表ない人生を歩む。。というか歩まざるおえないような。

なにか、いろんな問題がおきてるんだろうな、と思いながらもすこし世の中や、

人の人生が良くなることにつながるように期待します。

ちっさな一人の希望ですが。


・・・・俺はなにもの?



さて、今日もいい一日でした。

家事サービスのお仕事も順調にまわり、せいいち、りょうたコンビもハウスクリーニングを頑張ってくれました。

他、たくさん同時進行の現場も無事終わりました。

それと、今日はクラスの日でした。


クラスというのは、1年前から毎月しているひまわりサービスのホームルームです。

毎回、テーマがあって、それについてひまわり会長、順子さんがお話し、みんなもそれぞれの体験や考え方を話す。。

毎回、それぞれのスタッフの考え方や、いいところが発見でき、またひまわりサービスの大切にしている心や思いを共有する場に

なっています。


ひさしぶりに参加して、やはり順子さんは熱血先生だと感じるました。

このときだけではないですが・・・

30代〜70代の年代の違うスタッフが参加しているからこそ知ること、気づくこともたくさんあります。


今日のテーマは「お母さんは一家の太陽」

まさにその通り!

ひまわりサービスにはたくさんの太陽がいます。


優しい日だまりをつくる太陽も、木漏れ日も、テンションあげるキラキラの太陽も。

そして、こころ落ち着く月のような穏やかなあかりをくれる人も。

あーまたまとまりない日記でしたが、

とにかく今日も幸せな一日でした。

ではでは。またあした。





























posted by りきごん at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

最近のこと

またしばらくぶりです。

自分の過去の日記を見ると決意と、忘却の繰り返しということが実に良く分かります。



ちょっと、最近の出来事について書いてみます。


まず、すごく仕事が楽しい。

これまで、なかなか進まなかったことが、一気に流れ出したみたい。


その一つが暮らしの学校。

2007年に兵庫県の経営革新の承認をもらっていらいそのままだった計画が動きだした。

これは、ビジネスというより、ライフワーク。

ソーシャルビジネスって言われる事業。

個人的には、ソーシャルビジネス、ソーシャルベンチャーって言葉は、

はやりのニオイがして嫌。

そんな仕事も、誰かの役にたってなりたっているわけで

それを思えば、全てはソーシャルなんじゃない?

なんて思うのです。


ともかく、利益以上に社会性・・・

ひまわり的に言えば、笑顔度の相当高い事業です。


それが今加速してきました。

これは、また次回。



それと、会社の仕組みが続々とカタチになっていっています。

マニュアル、ドキュメント、これまで口承されていた(?)

ひまわりの文化や、大切にしていたことが、日に日に目に見えてきています。

それは、全て中心となってくれるスタッフと、支えてくれるスタッフのおかげ。

なかでも、70代になってもひまわりで働きたいと言ってくれる、

30代女性メンバーたちのおかげです。

思いと、ひらめきで進む僕をささえれくれる、彼女たちが、

笑顔で70代も働ける会社へ向かいます。


明日もがんばろー
posted by りきごん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

問題

家族における喧嘩の最大の原因はなんだろう・・

テレビのチャンネル争い?

娘と父親の洗濯モノを一緒にあらったこと?

料理へのもんくへの逆ギレ?

脱ぎっぱなしの服?


いろんなことがあるけれど、全部に共通するのは・・

それは、多分いい方。

家族だし、大切だし、相手を想う気持ちは山のようにあって・・

それなのに喧嘩する原因は、コトバヅカイ。。ではないか。



近くにいると、あたりまえになりすぎて。

ずっしり根を張る、分かってくれて当然という感覚。

これが、想いをちゃんと伝えるのの邪魔をしている。

日頃家にいないならなおさら伝わらないはず・・。



・・・今日、喧嘩をしました。

ゴジラ対ガメラ対キングギドラ対キングコング・・並みの大喧嘩。



身近にいる人こそ大切にしたいのに、

言葉が足りなかったり、間違ってたり。


うーん

よし、謝ろう!

















posted by りきごん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月15日 はじめます

あけましておめでとうございます。

2012年初めてのブログです。


昨年9月10日から、ダイエットをはじめました。

スタート時92キロあった体重が、12月9日には、70.4キロに。

3ヶ月で、ほぼ22キロの減量をしました。

今4キロほど戻しましたが、次は65キロを目指しています。


よくどうやってやせたのか聞かれますが、

すごくシンプル。

整理しただけです。

自分の部屋や、身の回り、生活の習慣で、

無駄な物をなくしていきました。

そしてなによりやると決めること。


人は変わる。

たかがダイエットかもしれませんが、

全てを一瞬で変えるスイッチは誰のなかにもある。

それが何に反応するかは人それぞれですが、

確かに人は変われる。

確信した2011年でした。


この話はまた書いていきます。


で、今年ですが、やっと自分のなかで

いろんなことがまとまってきました。

今している家事サービスや、整理収納、お掃除の仕事にしても、

やっと心から素晴しい仕事をさせてもらっていると思えるようになりました。



多分この一年、これまでとは全く違う、

思いで仕事と向き合っていくと思います。

仕事だけでなく、家族やスタッフ、お客様、そして大切な人たちへの気持ちもこれまでとは違う。

そんな気がします。



だから今、Facebookやtwitterですぐに流れていってしまう言葉ではなく、

一瞬の心を切り取った"残る”言葉を書きます。



昨日、妹に3人目の子供ができました。

やっと生まれた男の子。

母が今朝金沢に向かいました。

僕もはやく会ってみたい。



















posted by りきごん at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

爽やかな風

こんばんは。

いつも読んでくださっている皆さん、

ありがとうございます。



いつもダイレクトに見に来てくださっている方々がいるのが分かってから、

あなたは今日はどんな一日でしたか?

忙しかった?

いいことありましたか?

・・・なんて、話しかけたくなります。



で、僕ですが、今日もいい一日でした。

・・と言っても、振り返れば、7つの習慣でいう、第3領域だけで過ごしてしまいました。

残念!

ただその中に、重要な気付きがいくつも。



僕は、いつからか(多分小学校で自主的に劇をおこなったあたり・・)仲間とみんなで何かをすること、

何かをはじめること、人がはじめることの手助けをすること

そんなことが自分の中で大きな価値になっていました。


今、僕らの会社の事業、家事サービスや、整理収納サービスは、

正に人が一歩踏み出したり、何かをはじめるサポートであったり、

仕事も大事だけど、家庭も家族も大事という女性に対して、

仕事に集中できる環境や、家族との時間ももつことができるようにすることで

目的へ向けて前進する力になるお仕事です。

いつもそう思ってやっているし、仕事を持つ女性や、女性経営者を担当するスタッフたちとは、

いつもそんな話をしています。


お客様の声をいただくたびに、自分たちがそうなってきている実感もありました。


でも、今朝、重要なことを見落としていたことに気がつきました。

お客様である走る女性には、強靭なサポーターであることが必要。


その強靭さは、スッタッフ個人に由来するものではなく

組織としての強さ。

どんなアクシデントにも対応できるよう層を厚くしたい。



また明日から仲間を募集します。

求めるのは、素直で元気な人。

それだけで十分。

それさえあれば、人はいくらでも成長できる。



仕事を通じて、自分も家族も幸せになっていく。

僕らはそんな学校のような会社だと、今は胸を張って言えます。

新しい仲間との出会いを夢見て。




あー、みんな今日もありがとうね。

いい一日でした!

リキごん
posted by りきごん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

10月18日

今日は父の誕生日。生きていれば67歳です。

1996年に亡くなって、もう15年。

生きていればどんな話をしただろう・・


忙しく、優しく不器用な父が

社会でどんな人だったか、初めて知ったのは葬式の日。


1000人ほどの人が参列したのを見て、

たくさんの人が泣きながら父の話をするのを聞いて

初めて、父を誇りに思った。


よく母が講演やスタッフに話すことに

親が子供に残せるものは何か?というのがある。

その答えは「生き方」「精一杯生きる後ろ姿よ』・・



15年経って、あらためてその通りだと思う。


僕は、3人の子供たちにそんな姿を見せられるのだろうか・・



life code ・・僕が好きな経営者平野友康氏のブログタイトル。

命を綴る、そんなイメージのあるこのコトバ



未来の自分と、もしかしたらいつか読むかもしれない子供たちのため

自分の、今の気持ちを残しておきたいと思う。

















posted by りきごん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

テスト

NCM_0199.JPG久しぶりの更新です。

書かない間に、ケータイからスマホに代わりました。

ちゃんとできるかな?
posted by りきごん at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

椿と桜と椿

110414_1248~01.jpg神戸にも桜坂という場所がありました。
穏やか昼下がり、数人の高校生がお弁当を食べています。


その坂を上り切ったところから少し歩いたところに一本かわった桜があります。

それは、白い椿と赤い椿に挟まれた桜。(特に赤い椿の木は桜の枝を挟むように伸びています。)

白と赤とその間の薄いピンク。自然のグラデーション…といいたいですがやはり綺麗に撮るには難しい。

それでも楽しい春の日のひとときです
posted by りきごん at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

感じるこころ

110412_1751~01.jpg夕方、事務所に戻ると机のうえに、CDとメモ。

CDは先日、会長順子さんのラジオ出演のもの、メモはスタッフ清原さんから。

そこには番組を聞いた感想が。

感動して泣きそうになったことなど…優しい言葉が並びんでいました。


そして僕ももう一度聴いてみて…

暖かいものが込み上げてきました。


仲間が気づくことで気づく。
優しい想いが広がる。


今日もいい一日でした
posted by りきごん at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

ドラッガー

110412_1654~01.jpgセミナーを受けてきました。
先駆的会計事務所IGブレインズの浅見さんにお誘いうけて同社主催のドラッガーセミナー。

講師は岩永經世氏。

優しい語り口なのですが、ガツンガツンと重いパンチのような言葉が入ります。

マーケティングとイノベーション。
それが会社の一番大切なこと。


利益につながらない固定費が九割。

競争しないと売れないのは経営者の怠慢。

そのなかで一番印象に残ったのは、売上が下がるのは会社の体質がお客様のニーズにあっていないから。

体質という言葉が、問題の根深さを示唆します。


いまメンタルに寄りすぎた体質を変えなくてはいけないのかもしれません。


帰り道、見上げると雲ひとつない青空。


何かスッキリした気分です。
posted by りきごん at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

ひまわり始業式

110409_1614~010001.jpgこんばんは、今日も桜が綺麗でした。

でもよくみると緑の芽がちらほら…美しい季節の短さを感じます。

昨日4月9日はひまわりサービスの始業式でした。

4月が年初、このシーズン、スタッフの入れ代わりもあります。

内容は、4月末でやめるスタッフに会長順子さんから手紙のような卒業証書の授与。

卒業するIさんからのみんなへのメッセージ。二名の新入生紹介。

昨年度の事業の振り返り、今年の方針の発表…など盛り沢山でした。

そしてまえからしたかったみんなでの植樹…

植樹といっても本物の木ではなく、画用紙でつくたスタッフ一人ひとりの木を壁に貼ります。

その紙の木にはこの一年のスタッフそれぞれの仕事とプライベートでの目標が書かかれています。

そして達成するとこの木に実がなっていきます。

あとクラス(ホームルーム)やミーティング、資格をとったりテストに合格すると実がなっていきます。

幼稚園のようだとの意見もでましたが、最後はみんな楽しそうに目標を発表して木を張り付けてくれました。

みんなの目標や想いが書かれた木。
こうして並ぶと森のようです。

それぞれの木にたくさんの実がなり、豊かな森になっていく一年を誓います。

僕たちは、『みんなをよくする、みんなでよくなる!』

慌ただしい毎日になりますが、2011年度ひまわりサービス、明日から本格始動です!
posted by りきごん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

幸せな事業継承…

110406_2103~01.jpgこんばんは。
お元気ですか?

(久しぶりに語りかけ口調で書いてみます。)

今日朝から姫路でした。
仕事ではなく、
参加している同友会の例会の打ち合わせ。
伺ったのは6月の講演者、伸和油圧工業の金城さんの会社。

2時間のインタビュー&打ち合わせ。

テーマは事業継承ですが、金城さんの事業継承は普通ではありません。

株もなく、血縁でもなく、経営の経験もない、社内最年少の若者が、先輩従業員や、取引先、様々な人に迎えられて社長となった…

中小企業では珍しい、当時の環境は過酷だけど幸せな話し。

そうなるまで何を大切に仕事をしてきたか、生きてきたか…

社長ならどう考えるか、どうして欲しいか?課長ならどう考えるか?どうして欲しいか?

それを続けてきた社員生活でした。

手元よければ仕事は半分で終わる…
本人は僕はスーパー手元(現場作業などのアシスタントのこと)でした、と。

強烈なパンチを喰らった気がしました。


前社長にとって僕は、スーパーでも、並でもなく、動かない手元だった…

事業を継ぐには、社長の意を察し、動く、動く、動く!

そんな行動のうえに信頼が生まれ、まわりの仲間や取引先までその信頼の根がひろがる…


今からでも遅くない、心を空にして、動いてみよう




ちなみに写真は、その例会のチラシ。

うーん、笑顔の金城さんの写真ナイス!

やっぱり僕は人の笑顔の写真とるの好きだ。
posted by りきごん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

明日ラジオに出ます

明日ラジオに出ます…

と言っても会長であり母である順子さんがです。

4月7日、午後1時からのラジオ関西、谷五郎さんの『心にきくラジオ』に生出演です。

ずっと続けてきた『手紙のセミナー』と『手紙』についての話しになるそうです。

実はひまわりサービスの始まりも一通の手紙からでした。

そんなことも併せてお話すると思います。

出演出は2時40分ぐらいから

お時間ある方はぜひお聞き下さい八分音符
posted by りきごん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。