2014年01月17日

ソーシャルメディアとソーシャルビジネス

こんばんは。
朝の早い仕事なのに、書いているのは今。午前2時10分を回ったところ。

昨日、二つの会に参加しました。
ひとつはソーシャルネットワークにおける社内リーダーを養成する講座の説明会。
もうひとつは、知り合った人に誘われた満月と新月の夜だけオープンするインドカフェ。

この関係なさそうな二つのことは、実はつながっている・・・そんなことを感じる一日でした。


ソーシャルってことばは、社交の、公衆の、とか・・そんな意味をもつ。
ソーシャルネットワークが大きな影響力をもってソーシャルメディアとなった今
(違ってたらすみません)
生活者消費行動モデルとして
AIDMAからSIPSへ移行したという話ががあった。

Sympathize  共感
Identify 確認する
Participate 参加する
Parea &Spread   共有・拡散する

それは共感から始まる新しい消費活動のモデル!?
ソーシャルメディアのリーダー育成説明会ではそんな解説があった。

・・でもこれって、・・・共感を・・・消費活動のモデルとかで語ってほしくない。

僕らがずっと大切にしてきたのは、サービスの質ももちろんだけど、
どれだけお客様によろこんでいただけるかってこと。
それを行うスタッフひとりひとりが幸せであること。
お客様、スタッフ、会社がしっかりつながっていること。
言葉にはできない、なにか温かさを感じる会社であることだった。

確かに、今、その雰囲気で選んでくくれる方が増えたけど、
でも、決してそれを売りにしようと思ったことはないし、
僕たちはそうありたい。ただそう思ったからしてきただけのこと。

ただそれは僕らが大切にしてきたことに、共感する人が増えてきたこと。


そう、共感だけでいえば生活者消費行動モデルSIPSの
Sympathizeなのだけど、それを狙ってつくったものじゃない。


言いたいのは、個人にどう思われるか、
どうすれば共感されるかってことを計算して作られる
共感の元・・作られた共感の種が溢れ出すことを危惧している。

本当に想いがあり続けてきたホンモノたちが、
作られたものの陰でかすまないか。
本当の想いを持った人々が、共感というマーケティング手法を
うまく操る人たちによって消されてしまわないかということ。


全てのモノがコモディティ化されていくなか・・
サービスも比べる要素がわからなくなる今・・
経営者の想いや、会社の考えで選ばれると信じていた。

その想いまでもが売り物の一つになるような気がして悲しい。




では、僕らが何をするか・・・

それは、想いを深め、仲間としっかり共有し、言葉を磨いていくこと。
心を磨いていくことだと思う。

きっとメッキははがれる。
僕らもまだメッキならばいつはがれてもなかからホンモノがでてくるように
心と言葉を磨き上げる!




そしてもうひとつ・・・
満月と新月の夜だけオープンするインドカフェは、
そんな、想いがどうだこかは関係なく、
ただ、そこを知った気が合う人だけが集まる緩やかな空間

正しいとか間違っているとか、かっこいいとかわるいとかではなく
ただその雰囲気を好むか好まないかで選ばれる場所。



共感を狙う人たち・・・
自分が好きなことをすきなようにする人たち・・・



熱くなってしまったけど、
共感なんて、狙うものじゃない。

大切にしてるものをぶれないで大切にしていく。
それだけでいい。
僕たちはそれで行こう。





・・・真夜中のマジック?
熱くてあとで恥ずかしくなる文章でも、もういいや






















posted by りきごん at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385368077
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。