2012年07月15日

リーダーの条件

箱田忠昭著

整理する前に要点をまとめます。



WBWA: Management By Walking Around
リーダーは自室にとじこもらず、しょっちゅう歩きながら部下に声をかけ励まし、仕事のチェックをすべきである。


部下管理の3原則
@目標
A責任
B評価
ひとり一人に具体的目標を。
任せる
積極的に評価する


即断即決
全体展望


コンサル
アイビー・リーの4つのアドバイス
@寝る前に次の日することを思い出せ
Aそれに優先順位をつけ紙に書け(6つぐらいでよい)
B翌日その紙をポケットにいれ出社せよ。
C会社についたら、優先順位の上位から実行していけ。


情報は1カ所にまとめる


仕事は先憂後楽でいく

目標設定
大目標は分断せよ
目標の条件:
@期限がある
A具体的である
B紙に書く

紙にかくことは
@時間の節約
A正しい判断が下せる
Bストレス軽減

バックアッププランを。


稲森和夫さん曰く
人生仕事の結果=能力×熱意×考え方


「丁賞感微の法則』
丁:丁重丁寧 人にたいしては、言葉づかい、態度すべてそうあれ
賞:賞賛 心からほめる
感:感謝 感謝すれば感謝される
微:微笑 常に微笑むと部下は安心する

有限実行が部下の士気をたかめる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


僕は、部下という言葉がきらいだ。
それに組織と言う言葉も、なにか堅苦しく感じる。

元来自由を求めるような性格なので、
この本の内容も、実利をもとめるが故の心・・に感じて少し違和感を感じていた。

少し前迄。

今はこのことばじりをとらえるのではなく、

当たり前だということばに、また出会うことの意味を感じて

行動に繋げていきたい。


特に有限実行。

やると言ったことは、やる!

時間がかかっても。

でも、一度決めた期限は、必ずやり抜こう。

posted by りきごん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281201376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。