2014年05月27日

ひまわりで働くあなたへ

DSC_1286.JPG『ひまわりで働くあなたへ』

これは僕らの会社の大切にしている
考え方や心の持ち方を伝える絵本のタイトル。


今日、インタビュー動画の撮影があった。
スタッフ2名へのインタビュー。
一人ずつ撮影だが、別々に撮った二人への最後の質問。
「あなたにとって働くってなんですか?」

二人ともが即答
「生き甲斐です!」
元気よく答えて少し恥ずかしそうに、その理由を話してくれた。

もう一人も即答
「喜びです!」
「はたらくことで誰かの喜びをつれてくる。自分の喜びもそう。働くことは喜びです」

それぞれが自分のはたらく意味をもっている。
二人とも即答だったのが嬉しかった。

僕らの大切にしている
はたらくことへの想いがこの絵本には詰まっています。

どの仕事にも共通する、シンプルで大切なこと。
たくさんの人に届けたいと思います。









posted by りきごん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家事代行&整理収納サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝えたいことが伝わらない

夜中の1時です。
このブログ、ほとんどが内省だったり、ちっさな決意だったり
ほんと読んでる人になんの役にもたってないな・・・と思った。


僕がこのブログのタイトルを「キクコト日記」にしたのは、
素敵な人の話をきいて、それを必要とする人に、その話をいいと感じるひとに伝えたかったから。


人って、自分が思ってること、考えてることが素敵でも
それを伝えられないことが多い・・って感じてた。

僕も自分のことを伝えるのは苦手。
だけど、人のことならしっかり伝えられる。

伝えたいことを伝える。
その伝えたいことってなんだろう・・
そこをしっかり掘り下げる。

そんなことを通じて
人の想いや、考えを伝えることがしたい。


posted by りきごん at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

整理収納ダイエット‥再び

DSC_1254.JPGおはようございます。

神戸は少し曇り空の朝、今は6時半。

少し不規則な毎日が続いていて反省。

昨日、ある勉強会で今さらながら恋するフォーチュンクッキーのビデオをつくることになり、事務所で撮影。

スタッフとともに踊る自分の幅の広さに愕然!!

22キロのダイエットに成功した二年半前、それから10キロはリバウンドしたけど、まだ12キロの貯金あると気楽にいた自分に猛省。

フォーチュンクッキーのビデオではスマートな女性スタッフばかりのなか違和感ありあり。気が重い…


ということで、もう一度痩せることにします。


やり方は、片付け痩せ。

名付けて『整理収納ダイエット』


環境と頭のなかと行動を整理していきます。

これで前回は3ヶ月で22キロ痩せました。

前回は急激過ぎたのでリバウンドありましたが今回はしっかり着実にいきたいと思います。

目標は4ヶ月で15キロ。

9月18日までには65キロ、8月9日までには70キロを目指します。

そのために‥まずは本棚の整理を兼ねた整理本のチェック。

小松易さんの『たった1分で人生が変わる片付けの習慣』二冊を10分ほどで再読。

本の内容はごくシンプルだけど、そして会ったこともないけど小松さん好きです。


‥朝から長くなってしまった。


今日も一日、仕事楽しんできます。

いい一日を!
posted by りきごん at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

魔法の本

DSC_1246.JPG今、朝の4時半。

またリビングで寝てしまった。


作らないといけない書類がたまってる。

今が書くチャンス・・とは思うけど、

でもその前に、なにか自分のために書こう。


最近、書くこと伝えることの強さをことに感じる。

それを続けることが、どんな大きな力になるかも。


そう、だから仕事のためではなく自分のためのことを

先に書いておこうと思う。





本当に毎日が慌ただしい。

新しい仕事、増えることのありがたさを感じながらも、

日々仕事にだけ追われていることに焦りを感じる。


そんなふうに感じるとき、読み返す一冊の本がある。

それは最近になってずっと鞄にいれて持ち歩いている魔法の本。


三年前の誕生日にスタッフがくれた本。

タイトルは「ココロの森のたんけん」



この世に一冊しかない手作りの絵本で、

ココロンがいろんな質問をして

僕を本当にココロの森の探検につれていってくれた。

そのとき発見したことが、その絵本には書き込んである。



あれから三年たって、

今になってその発見したものが、本当に大事なものだったことに気付く。


そして物語の後半に描かれていること。

森のなかの湖をみると、湧き出る自分の宝物。


人にあげないとたまってくさってくる。

でも人にあげればあげるほど湧き出てくる・・てこと。



僕のその宝物は人のためにしか使えないものだったのに、

長い間、ほとんど使っていなかった。


その僕の宝物は、

“その人の魅力をみつけて、その人が必要とされているステージへ

必要とされているコンセプトでプロデュースすること。”


今も書くのをためらうぐらい、偉そうかな、そんな実績あるのか、とか思うけど。

小さくてもやっぱりそれをしてきている。



その人にどんな魅力や才能があって、それをどんな人が必要として

どのように伝えるか。

そしてその1歩目を踏み出すためにはどうするか。

進むべき道が決まり、そのための1歩が踏み出せたら、

あとは進んでいける。

間違っていなければ協力者はどんどん現れる。




だけど、そうなってくると、僕は身をひいてしまう。



僕が自信をもって、自分の宝物を人にあげれていなかったのは、

途中で、引いてしまう・・この癖のせいだ。


相手にとって唯一の存在になりたいのか、

自分のコンセプトを他人に少しでも変えられるのが嫌なのか・・


多分どちらもだ。



この気持を少しずらそう。

自分のコンセプトに自信をもつことより、相手の可能性を信じよう。

もちろん今も相手の可能性を信じているけれど、

自分のこだわり・・ではない囚われた考えを捨てよう。


仕事においても、スタッフがもつ良さ、才能を活かしたいってずっと思っいて

そのための新しい仕事をつくってきたし、つくろうとしている。

それにも囚われの気持があった。

これを手放そう。



そして、何でも自分でするのではなく、仲間をつくろう。

書いてて、自分のなかの抱えてたモヤモヤがクリアになってきた。




大切な人たちをもっと笑顔にするために、

自分に出来る、一番意味あることをしよう。




魔法の本は、いつも僕に大切なことを思い出させてくれる。



朝日が窓から差し込んで来た。

気持いい

ドリカム聴いて、一日を始めよう。


















posted by りきごん at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

成長させる方法

今、深夜1時。

米倉利紀を聞きながら、また数週間ぶりのブログを書いてます。

前回から、書きたいことはたくさんあって、

それでもタイミングを逃すと、記憶は薄れていきます。



新緑がまぶしい書写山、円教寺での写経。

千年藤の下で過ごした午後。

笑いながら神戸を堪能した1日。

海からみた花火があがる山。

知らなかった場所。風景を楽しんだ数日。


無理矢理もあったけど、今はそのための時間をとるようにしている。


最近すごく思う。

心のゆとりのこと。

すごく大事だなって。


僕らはお客様に、そのゆとりを提供する仕事なのに気がつけば

あまりにも慌ただしくなっている。


変わっていく季節を、木々や花、行き交う人から感じたり、

何気ない会話を心地よく感じたり。

小さな発見を重ねる毎日がどれほど大事かって・・

心から思う。



以前は、仕事にこそ大きな喜びを感じる僕だった。

そんな僕にいろんな世界を教えてくれた、大切な友人が何人かいる。

でも一番大きいのは、一人で。

おかげで僕の心はすごく豊かになった。



ライブも芝居やミュージカルもよくいくようになった。

植物や生き物のことも少し関心でた。

食べ物も、ジビエが好きになったのもその人の影響。



先日、コーチングの先生と話をしているなか、

夫婦の重なりの部分と違う部分。

お互いに成長し合える仲、お互いが違うから相手を理解しようと、

関心あることに関心をもつ。

そんなことでも成長できる・・・そんな話を何時間もした。



人に関心をもつ。

相手がすきなことに関心をもつ。

それだけで、何かが変わる。



音楽が心地よすぎてふわっとしてきた。


もし、自分を豊かにしたければ、

相手を思い、その相手が大切にしていることに関心をもつこと。

DSC_1061.JPG

幸せになる方法のひとつはそんなことかも。


posted by りきごん at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

連休ラスト

10308425_645140322229386_2574532472631782505_n.jpg今、喫茶店でお茶してます。
読んでるのは言葉の本。
最近、聞くことと伝えることの本ばかり読んでます。

すべてはコミュニケーション…
家庭も会社も、コミュニケーションという血が通ってなければ良くなっていかない。

そのコミュニケーションをうみだすのは相手を思う気持ち。その優しい気持ちは、かなりの部分が心のゆとりから生まれてくると感じます。

僕らの仕事、家事サービスも整理収納もそんな人の心のゆとりをつくり出している。

僕たちは急拡大はしない。
でも地域に根付いて、お客様とスタッフと会社とがしっかり繋がってゆっくり伸びていく。

みんなの今を感じながら伸びていくこのスタイルが好きだ。

いろんな人と繋がり、長く関係を重ねていく‥僕らと同じような会社が増えればいいとずっと思ってた。

家事サービスの立ち上げを数社手伝わせてもらったけどその度、この仕事でなにが大切か、自分たちの強みはなにか気付かせてもらった。

週末、また家事サービスを立ち上げを検討している会社の相談がある。競合を作るのではなく地域に笑顔をひろげる仲間を増やすこと。

なんか本を読みながら、笑顔が繋がるイメージが沸いた

posted by りきごん at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。