2012年11月08日

4分の1の高齢化

こんばんは。

また、1時前です。

今日、商工会議所の「少子高齢化が突きつける流通再編の行方」

という講演を聴いてきました。

講師は、日本経済新聞社の編集委員 田中陽さん。

テーマは流通でしたが、流通に限らず、

もう目前に来た(島根県など地方では、もう到来している)

4人に1人が65歳以上の社会を直視させる内容でした。


僕らの親の世代がいきいきと元気に暮らせる社会

そのためにも、僕らのかかわる生活支援産業の充実がもっと必要です。


ソーシャルビジネスという、今のはやりのような言葉は

好きではありませんが、先日、社会性のカタマリと言ってくださった、

フェリシモ矢崎社長の言葉は嬉しかった。


人とのつながりを大切にした、社会性のカタマリのしごと、

携われ、いまさせてもらえてることに感謝です。


今日もい一日でした。

おやすみなさい。

posted by りきごん at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーシャルビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

日曜日

こんばんは。

あと2分で、明日になります・・


書いてみて、

ふたりの“今”が “昨日”に変わる前に・・

ドリカムのア・イ・シ・テ・ルのサインの歌詞を思い出しました。


映画はみてませんが、未来予想図Uのあとの時間を越えた感動がありました・・

ドリカム好きな人にしか分からないかな。



ほんと、今日もいい一日でした。

ありがとうございます。

あしたも頑張ろう。

おやすみなさい。
posted by りきごん at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

キクコト カウントダウン開始

今夜もこんばんは。

最近夜更かしがひどいりきごんです。

今日も”寝るとき用”のプレイリストを聴きながら本を読んでました。


最近読む本の中の三分の一は、何年も前に読んでだものです。

本棚から溢れた本の整理を・・と思い、処分に迷った本たち。


その本たちを少し開いてみると、

最初に読んだときは、感じることがなかった、驚きや、共感や、

心に響く言葉にたくさん出会います。


人にはタイミングがあると言うけど、

自分をどうかえるかってことに出会うタイミング

僕にとって多分、今がそう。

今、自分の部屋の本棚の本たちと新たな出会いをしています。


手元にあって安心して・・というか、気にもしないでいたものたち。

見直してみると、すごくいいところをたくさん持ってて、

それに今のタイミングだから気づく。


言い方よくないかもしれないけど、

人もそうかも。


しばらく会わなかった友だちも、知り合いも、

いつも取引をしてくださるあの会社の方も。

もう一度少し向き合ってみると・・話してみると、

気づかなかったいろんないいとこ見えてくる。

それは、僕から見て素敵だなと思うところだったり、

いつも笑顔で接してくれてる優しさだったり、

いろいろあっても、いつも依頼のかたちで送ってくれる応援だったり。

ありがとうが、たくさん湧いてくることばかり・・


当たり前にいてくれる会社のスタッフもそう。

時間ないことを理由に、なかなかはなせてない仲間にも

しっかり話そう。


今日から2012終了まで2ヶ月のカウントダウン。

今いる27人のスタッフ一人ひとりと、今年が終わるまで

時間の長い短いあるにしても、しっかり話をしよう。しっかり話を聴こう。


本棚にあった何年もまえの前の本に発見した感動より、

何十倍、何百倍もの感動や共感があるはずだから。


よし、あしたから早寝早起きにもどそう。
posted by りきごん at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

あたたかなひかり

こんばんは。

今、夜中の一時半。

夕食後、うとうとしてしまい、気がつけば12時過ぎ。

お風呂に入り、歯を磨き、明日の準備をして今です。


机のMacに向かいBGMは米倉利紀、また心地良い時間。



今日10月31日、友だちのしているプレゼント屋さんが閉店しました。

彼女はもうすぐ出産で、それが理由のHappy Close..

かわいいアクセサリーとステーショナリーでいっぱいの小さなお店。

よる遅くまであたたかな電球色の灯りで、

ご近所の僕らの気持ちまで暖かくしてくれていたお店です。

友だちだからいつでもあえるのに

閉店の日が決まってあらためて、

そのお店のあたたかなあかりの存在の大きさに気がついて寂しくなりました。


あのあかりは、その窓越しにみえる彼女の人柄だったんだ・・


最後の今日、近所のお店の人たちと僕らとで記念撮影。

彼女の旦那さんのようちゃんと僕とカメラぶら下げていっぱい写真撮って、

短いけど楽しい時間でした。


不思議通りに、いっぱいの笑顔をありがとう。

ようちゃん、のんちゃん、元気なあかちゃんをね。

来年できる新居で何年か後、新しいお店オープンするの楽しみにしてるね。


posted by りきごん at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。