2012年07月15日

リーダーの条件

箱田忠昭著

整理する前に要点をまとめます。



WBWA: Management By Walking Around
リーダーは自室にとじこもらず、しょっちゅう歩きながら部下に声をかけ励まし、仕事のチェックをすべきである。


部下管理の3原則
@目標
A責任
B評価
ひとり一人に具体的目標を。
任せる
積極的に評価する


即断即決
全体展望


コンサル
アイビー・リーの4つのアドバイス
@寝る前に次の日することを思い出せ
Aそれに優先順位をつけ紙に書け(6つぐらいでよい)
B翌日その紙をポケットにいれ出社せよ。
C会社についたら、優先順位の上位から実行していけ。


情報は1カ所にまとめる


仕事は先憂後楽でいく

目標設定
大目標は分断せよ
目標の条件:
@期限がある
A具体的である
B紙に書く

紙にかくことは
@時間の節約
A正しい判断が下せる
Bストレス軽減

バックアッププランを。


稲森和夫さん曰く
人生仕事の結果=能力×熱意×考え方


「丁賞感微の法則』
丁:丁重丁寧 人にたいしては、言葉づかい、態度すべてそうあれ
賞:賞賛 心からほめる
感:感謝 感謝すれば感謝される
微:微笑 常に微笑むと部下は安心する

有限実行が部下の士気をたかめる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


僕は、部下という言葉がきらいだ。
それに組織と言う言葉も、なにか堅苦しく感じる。

元来自由を求めるような性格なので、
この本の内容も、実利をもとめるが故の心・・に感じて少し違和感を感じていた。

少し前迄。

今はこのことばじりをとらえるのではなく、

当たり前だということばに、また出会うことの意味を感じて

行動に繋げていきたい。


特に有限実行。

やると言ったことは、やる!

時間がかかっても。

でも、一度決めた期限は、必ずやり抜こう。

posted by りきごん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

Sparks!

数時間まえまで、神戸元町大学のSparks!というイベントに参加してました。

子供の可能性を引き出す探求型教育。

障害のラインを引き下げる障害者雇用。

生き方としてのオーガニック。

素晴しい事業をされる3名の経営者と、それをつなぐ企業家やサポーターの皆さん。

日本をもっと良くしたい!神戸をもっと!

すごく共感です。

僕の胸にもSparkしました。

posted by りきごん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

あなたのまわりのバカ上司

今、少し本棚の整理をしています。

いくつも読んでない本があって、すぐ捨てればいいのだけど
やはりまだ、僕はそこまで思いきりはつかなくて、
タイトルや、目次だけチェックします。

一つでも役立つことがあればそれでいいとして処分します。

今手元にあるのは、
「頭がいい人、頭が悪い人の話し方」樋口裕一氏著

あなたのまわりのバカ上司という章の目次

・道徳的説教ばかりする
・他人の権威を笠に着る
・自分を威厳づけようとする
・自分の価値観だけで全て判断する
・根拠を言わずに決めつける
・ケチばかりつける
・少ない情報で決めつける
・具体例を言わず、抽象的な難しい言葉を使う
・詭弁を用いて自説にこだわる
・矛盾に気づかない
・難解なことをいって煙に巻く
・知ったかぶりをする


自分の戒めとしてよみました。

上司は、個人的価値感ではなく、
企業理念や価値基準を理解し、必要な情報を集め、
それらに基づいて部下に指示、判断を下す。

そのためにも、部下や他者の言葉や意見に耳を傾けること。
伝える言葉はシンプルで具体的なもであること。


僕はできてるだろうか・・・

特に、自分の価値観だけで判断するということ。
思い当たるのと同時に、それが会社の軸となる。
自分の価値観が会社の価値観となる今。
僕自身の成長しかない。
そして、シンプルなことだけにする必要を感じます。




神戸・芦屋の家事代行と整理収納のひまわりサービス



posted by りきごん at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉/話し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

決意。

こんばんは。

7月5日の夜中です。

また久しぶりのブログです。

前回のブログ、自分自身が驚きです。

3日どころか、1日で終わってます。


スタッフの三原さんからも、チクリと言われてましたが・・・

本当にお恥ずかし、すみません。


もう宣言するのは、やめます。

ただ、今日、絶対に決めたことがあるのでそれだけは、

ここに書き残します。



僕らの会社ひまわりサービスは、1999年に創業しました。

働く女性のサポートを目的に、

お客様の立場にたったサービスの提供。

誠実であること。

よろこんで働かせていただくこと。

この3つを理念に、母、村山順子がスタートしました。


2009年、僕が社長になったとき、

スタッフの皆が僕にしてくれたのは、プレゼント。

『魔法の本』というプレゼントでした。


『りきさん、今の気分はどうですか?』ではじまるその手書きの本は

今のスタッフや、辞めた昔のスタッフ、僕の家族や、遠くに住む、兄弟たち、

友達からの手書きメッセージが溢れていて、

みんなにまだなにもしてないのに僕は最高に幸せな社長にしてもらいました。



そのとき決めたのが「みんなをよくする!みんなでよくなる!」

難しいことではなく、ただシンプルに、

みんなをもっと良くしたい!みんなでもっとよくなりたい!

そんな思いを言葉にしました。


この1年で、その“みんな”のさす、みんなが、広がってきました。

そして、今日、テレビ「カンブリア宮殿」にでたベアーズ

高橋夫妻をみて、

僕のなかの“みんな”は、当社スタッフ26人とその家族、お客様だけではなく、

その何十倍、何百倍にも広がりました。


今、僕に力をくれるのは、父と母の子であること、

最高の妻とかわいい子供たち。

そして共に進んでいってくれる社員、スタッフのみんな。



社会を変える仕事へ。

社会をよくする会社へ。

そこだけにむいて進みます!



posted by りきごん at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。