2014年11月30日

今年最後の一月に

あと3時間たらずで12月。
僕らの業界では怒濤のシーズン。

恐ろしいほど詰まったスケジュール。スタッフに負担をかけるけど
この1ヶ月をなんとか乗り越えて欲しい。

ただ、僕らは単発的なハウスクリーニングをできる限り
受けない方向で進めてきた。

偉そうに聞こえるかもしれないけど、
今いるお客様を大切にするためにも、
スタッフに過剰な負担をかけないためにも、
この数年そうしてきた。

それがお客様のためにも、スタッフのためにも、
そしてなにより僕らが願う、ながくつながる関係につながると信じるから。

今年の忙しさは、新規のハウスクリーニングではなく、
新規の家事サービスの忙しさ。


単発的なハウスクリーニングより、
継続した心地よさをもとめられてきているのを感じる。

それが、家族との時間や、自分の夢につながる時間につながると
感じてもらえるのは、実際に利用してしばらくたってからになるけれど。

僕らはそんなことをめちゃくちゃ大切に思ってやっている。

来年へつながる12月、お客様の新しいとしてつなげるこのひと月を
仲間の誰ひとりかけることなく走り抜けたい。






posted by りきごん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

方向転換!

1409768510328.jpg夜中の3時。
眠れなくて、録ってたSONGSドリカム25周年SPをみてた。
過去の映像が流れる。
中村正人とEXILE HIROとの接点。
1995年同じステージに立ってから全く別の道を歩んできた。でも二人とも今音楽シーンのトップにいる。
ほんと続けることってすごい。

前は、音楽が好きで曲を聴いて共感したり元気になったりしてた。

時間が経って、気が付けば、そのアーティストの生きざまからすごい力を貰うようになっていた。

それを強く感じたのはB'z。

6年前、神戸ユニバーシアード競技場であったB'zの20周年ライブにいったとき、ただ楽しかった。だけど去年京セラドームであった25周年ライブでステージの上の稲葉さんが「誰になんて言われようが30年でも、35年でも走り続ける!!」と叫んだとき、これまでと全く違って見えたし感じた。

自分も走ろう!!と思った。
絶対に走り続けようと思った。

周りを見れば50代以上のおじさんもすごく多い。その人たちの視線の先には同じ50代のB'zの二人が走りまくっていた。

50代があんなに元気なら僕らはもっと。
50代があんなに熱いなら僕らはもっと熱くなれるはず!!

身体中に力がみなぎるような感覚だった。


熱くなる、走り続ける‥


僕たちも、そうだった。
でも全然足りなかった。


真夜中、テレビをみて、触発された。
もう一度、はじめた頃の気持ちを呼び起こして走る!!


もう秋の空。
走るにはちょうどいい。
posted by りきごん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

夏を引きずってる

1409665410082.jpg夢のような時間が過ぎたあと、ものすごい脱力感。

夏を満喫した‥なんてことはないけど。今年は花火も夏祭りにも行かなかったけど、最後に海を見にきた。

時間はどうしたって戻らないから、前よりもいい今度、過去よりいい未来をつくろう。
posted by りきごん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

最後だとわかっていたなら

DSC_2270.JPG久しぶりの日記です。
時間が経つのは早くて、さっき8月最後の1日が終わりました。

今朝の電車の中、読んだ本。
「今日が最後だとわかっていたなら」


一頁目から泣いてしまいました。
この短い本。
後書きまでずっと涙か溢れて電車の乗り換えもできなかった。


大切な人をちゃんと大事にしようと思った一冊。
posted by りきごん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

美容研修しました。

1402746479061.jpgこんばんは。りきごんです。
いろんなこと引き続き整理してます。

今週は仕事の整理とともに、新しいこと始めました。
ズバリ、美容研修!

お世話になってる方の協力で、美容の先生に東京からきてもらって、家事サービススタッフ6名、一般の方5名で行いました。

結婚してお子さんいるスタッフも多く、移動時の日焼けとかがすごく気になってました。

会長がよく言う、『お母さんは一家の太陽』それを考えると何としても、スタッフにはそれぞれの家族の太陽でいてもらわねばなりません。

今回は五時間かけてスキンケアを中心ににかなり詳しく学んだようです。(僕は参加してませんが)
みんなすごく勉強になったようで、やって良かった。先生にもKさんにも感謝です。

今回仕事で参加できなかったスタッフもいるのでもう一度もう少ししっかり準備して行いたいと思います。

スタッフがよろこんでくれて、スタッフの家族もよろこんでくれるかも知れない。無駄と言われても、こんなことするのがとても好きです。

スタッフの明るさも、チームワークもきっとこんな顔合わせて一緒に学んだり考えたりする時間がたくさんあるからだと思います。


笑顔のスタッフが地域のお客様を笑顔にする

これも、小さな会社だからできること。
やり方改善しながらもずっと大切にしていきます。
posted by りきごん at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

整理する。

こんばんは。
また12時をまわってしまった・・

今日もいい一日でしたか?
と、自分に尋ねて、「はい、いい一日でした。」と答えてみる。
するとなんだか本当にいい一日だったように感じるから僕は単純。
単純でよかった。

最近時間が経つのがすごく早まっていると感じる。

自分の決めた9月18日まであと3ヶ月少し。
今年は、あと半分を切っていて。

決めた目標が全然遅いことに愕然とする。
だれにとっても同じ1日。

それをどう使うのか。
なにをするのか。
なにをしないのか。
よく言われることだけど、
ほんとそれが一番大事。

僕は今、いろんなことを終らせていっている
仕事もそう、一部のサービスをどんどん終了させていっている。

仕事の整理。
時間の整理。

すべての整理のなかに、なんのため?が必要で
目的があってはじめて整理は意味をなす。

僕は自分がやりたいこと。
手に入れたいもののために、僕は整理する。

その手にいれたいものもいくつもあげるんじゃなく
一つに絞る。

必要な物以外は捨てていく。
心の迷いもゴミと一緒に捨てていく。

今日一番大きな整理は「会社を成長させることへの迷い」だった。
もう立ち止まらずいきます。



posted by りきごん at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

ひまわりで働くあなたへ

DSC_1286.JPG『ひまわりで働くあなたへ』

これは僕らの会社の大切にしている
考え方や心の持ち方を伝える絵本のタイトル。


今日、インタビュー動画の撮影があった。
スタッフ2名へのインタビュー。
一人ずつ撮影だが、別々に撮った二人への最後の質問。
「あなたにとって働くってなんですか?」

二人ともが即答
「生き甲斐です!」
元気よく答えて少し恥ずかしそうに、その理由を話してくれた。

もう一人も即答
「喜びです!」
「はたらくことで誰かの喜びをつれてくる。自分の喜びもそう。働くことは喜びです」

それぞれが自分のはたらく意味をもっている。
二人とも即答だったのが嬉しかった。

僕らの大切にしている
はたらくことへの想いがこの絵本には詰まっています。

どの仕事にも共通する、シンプルで大切なこと。
たくさんの人に届けたいと思います。









posted by りきごん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家事代行&整理収納サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝えたいことが伝わらない

夜中の1時です。
このブログ、ほとんどが内省だったり、ちっさな決意だったり
ほんと読んでる人になんの役にもたってないな・・・と思った。


僕がこのブログのタイトルを「キクコト日記」にしたのは、
素敵な人の話をきいて、それを必要とする人に、その話をいいと感じるひとに伝えたかったから。


人って、自分が思ってること、考えてることが素敵でも
それを伝えられないことが多い・・って感じてた。

僕も自分のことを伝えるのは苦手。
だけど、人のことならしっかり伝えられる。

伝えたいことを伝える。
その伝えたいことってなんだろう・・
そこをしっかり掘り下げる。

そんなことを通じて
人の想いや、考えを伝えることがしたい。


posted by りきごん at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

整理収納ダイエット‥再び

DSC_1254.JPGおはようございます。

神戸は少し曇り空の朝、今は6時半。

少し不規則な毎日が続いていて反省。

昨日、ある勉強会で今さらながら恋するフォーチュンクッキーのビデオをつくることになり、事務所で撮影。

スタッフとともに踊る自分の幅の広さに愕然!!

22キロのダイエットに成功した二年半前、それから10キロはリバウンドしたけど、まだ12キロの貯金あると気楽にいた自分に猛省。

フォーチュンクッキーのビデオではスマートな女性スタッフばかりのなか違和感ありあり。気が重い…


ということで、もう一度痩せることにします。


やり方は、片付け痩せ。

名付けて『整理収納ダイエット』


環境と頭のなかと行動を整理していきます。

これで前回は3ヶ月で22キロ痩せました。

前回は急激過ぎたのでリバウンドありましたが今回はしっかり着実にいきたいと思います。

目標は4ヶ月で15キロ。

9月18日までには65キロ、8月9日までには70キロを目指します。

そのために‥まずは本棚の整理を兼ねた整理本のチェック。

小松易さんの『たった1分で人生が変わる片付けの習慣』二冊を10分ほどで再読。

本の内容はごくシンプルだけど、そして会ったこともないけど小松さん好きです。


‥朝から長くなってしまった。


今日も一日、仕事楽しんできます。

いい一日を!
posted by りきごん at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

魔法の本

DSC_1246.JPG今、朝の4時半。

またリビングで寝てしまった。


作らないといけない書類がたまってる。

今が書くチャンス・・とは思うけど、

でもその前に、なにか自分のために書こう。


最近、書くこと伝えることの強さをことに感じる。

それを続けることが、どんな大きな力になるかも。


そう、だから仕事のためではなく自分のためのことを

先に書いておこうと思う。





本当に毎日が慌ただしい。

新しい仕事、増えることのありがたさを感じながらも、

日々仕事にだけ追われていることに焦りを感じる。


そんなふうに感じるとき、読み返す一冊の本がある。

それは最近になってずっと鞄にいれて持ち歩いている魔法の本。


三年前の誕生日にスタッフがくれた本。

タイトルは「ココロの森のたんけん」



この世に一冊しかない手作りの絵本で、

ココロンがいろんな質問をして

僕を本当にココロの森の探検につれていってくれた。

そのとき発見したことが、その絵本には書き込んである。



あれから三年たって、

今になってその発見したものが、本当に大事なものだったことに気付く。


そして物語の後半に描かれていること。

森のなかの湖をみると、湧き出る自分の宝物。


人にあげないとたまってくさってくる。

でも人にあげればあげるほど湧き出てくる・・てこと。



僕のその宝物は人のためにしか使えないものだったのに、

長い間、ほとんど使っていなかった。


その僕の宝物は、

“その人の魅力をみつけて、その人が必要とされているステージへ

必要とされているコンセプトでプロデュースすること。”


今も書くのをためらうぐらい、偉そうかな、そんな実績あるのか、とか思うけど。

小さくてもやっぱりそれをしてきている。



その人にどんな魅力や才能があって、それをどんな人が必要として

どのように伝えるか。

そしてその1歩目を踏み出すためにはどうするか。

進むべき道が決まり、そのための1歩が踏み出せたら、

あとは進んでいける。

間違っていなければ協力者はどんどん現れる。




だけど、そうなってくると、僕は身をひいてしまう。



僕が自信をもって、自分の宝物を人にあげれていなかったのは、

途中で、引いてしまう・・この癖のせいだ。


相手にとって唯一の存在になりたいのか、

自分のコンセプトを他人に少しでも変えられるのが嫌なのか・・


多分どちらもだ。



この気持を少しずらそう。

自分のコンセプトに自信をもつことより、相手の可能性を信じよう。

もちろん今も相手の可能性を信じているけれど、

自分のこだわり・・ではない囚われた考えを捨てよう。


仕事においても、スタッフがもつ良さ、才能を活かしたいってずっと思っいて

そのための新しい仕事をつくってきたし、つくろうとしている。

それにも囚われの気持があった。

これを手放そう。



そして、何でも自分でするのではなく、仲間をつくろう。

書いてて、自分のなかの抱えてたモヤモヤがクリアになってきた。




大切な人たちをもっと笑顔にするために、

自分に出来る、一番意味あることをしよう。




魔法の本は、いつも僕に大切なことを思い出させてくれる。



朝日が窓から差し込んで来た。

気持いい

ドリカム聴いて、一日を始めよう。


















posted by りきごん at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。